ケアネットメッセンジャーは便利なサービス│簡単に請求業務が進む

女性

高齢化に伴う県内の施設

介護士と夫婦

広島県では、高齢化社会に伴い、県内殆どの自治体で既存の介護サービス及び施設では不十分な状況にあることから、民間の力も借りて早急又は長期計画的な対策に取り組んでいます。そして、各自治体では補助金制度を用意しているともあり、特に介護施設に関しては、地元や周辺地域にある医療機関や企業、事業者等によって、中でも通所のデイケアや有料老人ホームの設置が増加傾向にあります。具体的には、県庁所在地である広島市をはじめ福山市や呉市など県内主要都市で入所介護施設が多く設置されており、またこの他の地域でも殊に通所を中心に施設が設置されつつある状況です。これらのことから、広島県内の介護施設は、更なるサービスの充実と拡大が図られる途上にあります。

広島県内で介護施設を探す場合、既存の特別養護老人ホームをはじめとする公営施設では、入所が困難なケースが少なくないのが実情です。その一方で、要介護度が7段階に分かれる程、利用者の心身の状態が異なる現在では、そのニーズに合わせて介護サービスが多様化しています。その為、介護施設に限っても、24時間体制の入所施設や日中のみの通所施設の区別がある他、療養型医療施設やケアハウス、グループホームなど利用者の状況に合わせて多様な施設が設置されています。また、有料老人ホームに関しては、介護付き高齢者住宅など利用者のライフスタイルを尊重した施設も多く設置される傾向にあります。これらのことから、県内で介護施設を探す場合には必要に応じて多角的に検討することがポイントです。