ケアネットメッセンジャーは便利なサービス│簡単に請求業務が進む

介護

介護と高齢化社会

パソコンを操作する女の人

新たな介護のサービスとして介護保険請求ソフトというものがあります。これは利用票や提供票や計画書などの請求に必要な機能がすべて揃っているという特徴があります。したがって始めて利用するという人やパソコンになれていない人でも安心して利用が可能です。

もっと読む

高齢化に伴う県内の施設

介護士と夫婦

広島県では、高齢化社会に伴い、県内殆どの自治体で既存の介護サービス及び施設のみでは不十分な状況にあることから、民間の力も借りてその充実と拡大が図られています。その為、特に介護施設については、通所デイケアや有料老人ホームが増加しており、また利用者のニーズに応じてサービスが多様化する傾向にあります。

もっと読む

国保連への伝送サービス

男の人と女の人

お申込み時期に余裕をもつ

ケアネットメッセンジャーは、国保中央会伝送通信ソフトや電子証明書がなくても国保中央会に請求ファイルを送ることができるサービスです。月額1000円で利用できますが、利用を開始する時期を考慮してお申込みをする時期を考える必要があります。ケアネットメッセンジャーのお申込みは、利用開始したい月の2ヵ月前までに完了することが大切です。お申込みが完了してから利用できるようになるまで数か月の期間があるので、余裕をもったお申込みをすると良いです。ケアネットメッセンジャーでは個人に関係する通信を扱うので、セキュリティ面はしっかりしています。そのため、お申込みから利用開始までの期間があります。お申込みや国保連への申請手続きなど手間はありますが、ケアネットメッセンジャーは請求業務の伝送が便利になるサービスなので活用したいものだと思います。

推薦環境の確認を忘れずに

ケアネットメッセンジャーには、推薦環境があります。推薦されているのは、Windows(7、8.1)・IE(9、10、11)・Chrome(2GB以上)です。推薦環境でないと、ケアネットメッセンジャーがちゃんと作動しないことがあります。お申込みや利用開始の前に、バージョンを確認しておくと良いと思います。またファイル作成ソフトにはメーカー指定がないので、どのファイル作成ソフトでもケアネットメッセンジャーを利用することができます。ケアネットメッセンジャーを利用したい時には、お申込みをする時期を考える・国保連への申請をする・推薦環境の確認などやるべきことがあります。セキュリティが大事なので、利用する側もそれなりのことを行う必要があります。利用開始までは簡単とはいえませんが、使えるようになったら請求ファイルの伝送が簡単になるので手間を惜しまないようにすると後が楽になります。

安全な介護に必要な機器

男女

自宅で介護を行なう場合などは、思わぬシーンで転んでしまうことがあるでしょう。車いすを使用する人と介護する人の安全を守るためにも、段差解消機を利用することが最適です。

もっと読む